第22回年次大会 ポスターセッション報告募集

日本NPO学会は、2020年6月6日(土)及び7日(日)の2日間にわたり、駒澤大学(東京都世田谷区)を会場として第22回年次大会を開催します。より多くの会員に発表の機会を提供するために、一般セッションと学生セッションに加えて、新たにポスターセッションを設けます。以下にポスターセッションの募集要項を掲載いたしますので、奮ってご応募ください。たくさんの皆さまからのご応募をお待ちしております。
ポスターセッション募集要項
【締切延長】2020年2月20日(木)24時締切2020年2月5日(水)24時締切

応募資格

応募は、2019年度の会費を納入した日本NPO学会会員(複数による報告の場合、最低1名は会員であること)に限ります。

募集カテゴリー

[E ポスター報告]
  • ●1報告につきA1サイズのポスター2枚以内とします。
  • ●文字や図表などを用い、報告の内容を分かりやすくポスターにまとめてください。
  • ●ポスターは学会初日に持参し、報告者自身がホワイトボードに貼り付けるためのマグネットを用意し、所定の場所に掲示してください。
  • ●ポスターは大会期間中所定の場所に掲示されますが、報告者が常にポスターの場所で待機する必要はなく、ポスターの解説は、両日のランチセッションに設けられた「ポスターセッション説明タイム」を利用して行ってください。

応募方法

  • ●本ページ下部にあるお申込みフォームにて受け付けます。「ポスター報告テンプレートファイル」に報告の要旨を記入し、添付してください。
  • ●ファイル名は変更しないでください。
  • ●応募の締め切りは、2020年2月20日(木)24時です
  • ●スペースの制約上、採用は先着順で12名とします。送付された要旨を大会実行委員会で審査します。要旨の様式が指定したものと違う場合、内容が本学会の研究領域とかけ離れている場合、あるいは研究倫理の点から明らかに発表にそぐわないと実行委員会が判断した場合は受理いたしません。審査後、結果を代表者宛てに通知いたします。
  • ●複数名による報告の場合、共同報告者への連絡は全て代表者が行うものとします。
  • ●報告が認められた場合は、原則として応募時の要旨をそのまま報告概要集原稿として使用しますので、作成には十分ご注意ください。
  • ●報告者は、後日発表される大会プログラムの報告日時に従うものとします。
  • ●報告者は、会員・非会員を問わず大会参加費をお支払いいただきます。
  • ●報告等に際して、旅費・謝金等は一切支給いたしません。
  • ●本セッションは年次大会優秀発表賞の選定対象外となります。

お申込みフォーム

[E ポスター報告]
募集終了しました

第22回年次大会 実行委員会

  • 大会実行委員長: 李 妍焱駒澤大学文学部教授
  • 委員: 井上 英之慶應義塾大学大学院特別招聘准教授
  • 委員: 今田 克司CSOネットワーク代表理事
  • 委員: 大石 俊輔日本ファンドレイジング協会プログラムディレクター
  • 委員: 梶間 陽一トランジション・ジャパン副代表理事
  • 委員: 粉川 一郎武蔵大学社会学部教授 
  • 委員: 田中 敬文東京学芸大学教育学部准教授
  • 委員: 利根 英夫公益財団法人トヨタ財団国際助成グループプログラムオフィサー
  • 委員: 原田 晃樹立教大学コミュニティ福祉学部教授
  • 委員: 広石 拓司株式会社エンパブリック代表取締役
  • 委員: 藤井 敦史立教大学コミュニティ福祉学部教授  
  • 委員: 古沢 広祐國學院大学経済学部教授
  • 委員: 松田 妙子NPO法人せたがや子育てネット代表理事
  • 委員: 三浦 一浩一般財団法人地域生活研究所研究員
  • 委員: 水谷 衣里株式会社風とつばさ代表取締役
  • 事務局: 松本 典子駒澤大学経済学部教授